実験計画ガイド

シングルセル遺伝子発現解析を始めよう!

生物における多様性と複雑性をシングルセルレベルで解き明かす

この数年でシングルセルRNAシーケンス手法が研究に使われ始め、従来のマーカー遺伝子解析だけでなく、細胞の種類や状態の特徴づけを行い、制御パスウェイの動的変化の解析まで及ぶようになりました。本書「実験計画ガイド:シングルセル遺伝子発現解析を始めよう」では、下記についてまとめています。
シングルセル解析入門ガイド:
  • シングルセル遺伝子発現実験のデザイン
  • サンプルの調製および処理方法のポイント
  • 解析に必要な細胞数、シーケンスの深さ、リプリケート数、およびバッチ効果が解析に与える影響
  • データの解析および視覚化
  • 複数の研究分野における実例と論文