【新製品ウェビナー】

シングルセルターゲット遺伝子発現パネル:重要な遺伝子にフォーカス

Enter text here.

10x Genomicsから新たにシングルセルターゲット遺伝子発現ソリューションが登場しました。重要な遺伝子にフォーカスするターゲット遺伝子発現解析により、より多くのサンプルを効率よく実験できます。全トランスクリプトーム解析で得た発見や仮説をターゲット解析でさらに検証し、分子学的な理解をより一層深めることができます。

このターゲット遺伝子発現ソリューションは、シングルセル解析および空間的遺伝子発現解析に対応しており、がん、免疫学、遺伝子パスウェイ、神経科学のパネルを準備いたしました。追加で遺伝子を搭載するセミカスタム、および独自のパネルを設計するフルカスタム化も可能になります。


このウェビナーでは、10xの新しいターゲット遺伝子発現ソリューションについて以下の点をご紹介します。

  • 高い遺伝子検出感度を維持しながら、高スループットかつ低コストのシングルセル解析を実現
  • 事前に設計されたパネルやカスタムパネルの設計によって、関心のある遺伝子にフォーカスしたシングルセル解析
  • データ解析を効率化する10x Genomics の解析パイプラインと視覚化ツール
  • 同一サンプルからの全トランスクリプトーム解析またはターゲット解析を行うことができる実験の柔軟性

ウェビナーは40分程度の発表とQ&Aセッションで構成されています。


注意:本ウェビナーは事前登録制、無料です。競合他社のご参加はお断りしています。